【あいだをつなぐデザインに取り組みます】

 

優れたデザインは、あいだを繋ぎます。

 

どんなに良い商品があっても、

知ってもらえなければ購入には繋がりませんし、

どんなに良いサービスがあっても、

内容を理解してもらえなければ利用はされません。

 

「つながれていない」ものを「つなぐ」ためにデザインは存在すると、

トキオカデザインは考えています。

 

 

【一緒にデザインを考えます】

 

デザインは特別なものではなく、

物事を進めていく中で自然と必要になるものです。

 

でもなぜか、デザインは特別なもののように思われがちです。

なぜでしょうか?

 

それはきっと、企画が固まってからデザインに発注する。

やりたいことが明確になってからデザインを依頼するという、

「最後にまとめるもの」として

デザインが使われていることが原因だと考えます。

でもそれでは、

「借りもののデザイン」「着せられたデザイン」になりがちです。

 

「何のために必要なのか」

「何が目標なのか」

「どうすれば喜ばれるのか」

これらを一緒に考えて

ご依頼者さまそれぞれの「自分のデザイン」が出来上がることが理想だと

トキオカデザインは考えています。